@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

第2回elasticsearch勉強会を開催しました! #elasticsearchjp

第2回を開催しました! すごい、140人くらいくらいの参加登録者(参加者は100人ちょっと!)がいて、びっくりです。 ステキな会場を提供していただいた、リクルートテクノロジーズさん、運営していただいた方々、スピーカーの皆さん、参加者の皆さん本当にありがとうございました。 今回も素敵な看板ありがとうございます。

今回もしっかり楽しめたので、次回も頑張ります!

今回は、elasticsearch-jpMLの紹介とかをできたのでよかったかなぁと。 ぜひ、活用してください!どんな質問でもいいので。

あと、スライドに入ってた例の本もよろしくです。

ということで、懇親会も盛り上がったし楽しかったです。 今後も場の提供+自分の勉強のトリガーとして、開催していくので、ご協力お願いします! 聞きたい話など、MLや@ツイートしていただければと。

elasticsearchのRouting機能:株式会社シーマーク 大谷 純 (@johtani)

スライド:Routing機能※スライドはPDFです。

ド緊張で、大した発表ではなかったですが。。。 どちらかと言うとSolr本の紹介だったかもなぁ。スミマセン。

※スライドが一部文字が消えてるので、作りなおすかも。

ElasticSearchを使ったBaaS基盤の開発(仮):株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 滝田聖己さん(@pisatoshi)

スライド:https://speakerdeck.com/pisatoshi/elasticsearch-trial-and-error

本日はお越しいただきありがとうございました!しかも静岡から!今後もよろしくお願い致します。

  • EnchantMoonでシステム構成w
  • 0.17.0から利用されていると。(スゴイ)
  • プライマリのデータストア!ただし、登録元データはMySQLにもある。
  • 階層も深く、大きめのドキュメント。
  • レプリカ1、インデックスのバックアップも取ってないと。。。
  • ルーティングの機能

  • DynamicMappingの問題点

  • マッピング定義が肥大、型がコンフリクト。。。苦労しっぱなし
  • データ登録は1台にして、1台で一気に登録してから再配置
  • 実際に運用とかされてるので、いろんなノウハウがまだまだありそう!

Kibana入門:水戸祐介さん(@y_310)

スライド:https://speakerdeck.com/y310/kibanaru-men

(やっぱりru-menになってるw)

実は、押しかけて話してもらうように説得したのでした。今後もよろしくです。

  • COOKPADの方によるKibanaのお話。
  • Kibanaの利点とかなんで?とか。
  • 画面構成の説明から
  • ダッシュボードは必ず保存して!リロードしたら悲しい思いをしてしまうので。
  • sparkline便利そうだなぁ。ほんとに、データサイエンティスト系のツールを目指してるのかな
  • 一通り、ダッシュボードに配置できるパネルの説明してもらえたのですごく参考になりました!
  • Tips周りが役に立ちそう。not_analyzedは重要ですよね。

LT

「データ集計用ダッシュボードブラウザとしても使えるElasticSearch+Kibana v3を利用する際の運用ノウハウ紹介」:株式会社リブセンス Y.Kentaro さん (@yoshi_ken) さん

スライド:http://www.slideshare.net/y-ken/elasticsearch-kibnana-fluentd-management-tips

  • Kibanaの紹介とかFluentdの紹介。
  • Tips満載すばらしい。
  • JDBC riverは0.90.6ではうまく動かないので、気をつけてと。

「Fluentd as a Kibana」:@repeatedly さん

スライド(gist)?:https://gist.github.com/repeatedly/7427856

Kibanaがfluentdの中で動くと!?

「Authプラグインでアクセスコントロール」:株式会社エヌツーエスエム 菅谷信介さん (@shinsuke_sugaya)

スライド:http://www.slideshare.net/shinsuke/es-auth-plugin

API毎?インデックスごと?にアクセス制御ができるプラグイン

Comments