@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

Sonatypeのバージョン番号で困ったので

Elasticsearch 1.4.0.Beta1がリリースされました。

個人でelasticsearch-extended-analyzeというプラグインを開発してます。 こちらも1.4.0.Beta1に対応するべく作業をしてて、少し戸惑ったことがあったので、メモをば。

ここ最近はプラグインのバージョン番号をElasticsearchのバージョン番号と同じものを利用していました。 (プラグインの機能追加をサボってる??) その時に、1.4.0.Beta1という番号を指定したのですが、意味不明なエラーに悩まされてしまいまして。

プラグインのリリースでは、以下のコマンドを実行します。

1
2
$ mvn release:prepare
$ mvn release:perform

最初のコマンド(prepare)で、パッケージングを実施し、Githubにリリースタグを打ったバージョンがpushされます。 次のコマンド(perform)で、パッケージングされたzipファイルがsonatypeのサイトに公開するためにアップロードされます。

1.4.0.Beta1というバージョン文字列を利用した場合、prepareは問題なく実行できたのですが、 performで以下の様なエラーが返ってきました。

1
Return code is: 401, ReasonPhrase: Unauthorized.

バージョン番号が1.3.0では特に問題はなかったのですが、、、 結局、バージョン番号を1.4.0-beta1に変更すると問題なくリリースが完了しました。

mike_neckさんと話をしていて、Semantic Versioningに関係しているのかなぁという話にはなったのですが、 詳しく調べていません。。。

そのうち調べようかなぁ。。。。

Comments