@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

Marvel 1.3.0リリース(日本語訳)

※この記事は次のブログを翻訳したものになります。

原文:marvel 1.3.0 released

12/17に、Elasticsearch Marvel 1.3.0をリリースしました。 Marvelの以前のリリースから、Elasticsearchでは様々なことがありました(Elasticsearch 1.4のリリースなど)。 このバージョンでは、モニタリングにクエリキャッシュや新しいcircuit breakerなどのような機能を追加してあります。 Senseのナレッジベースは最新のAPIを含むものに拡張されています。 また、Shieldのリリースに向けた準備として、HTTPsのサポートも追加しました。

アップグレードのために、Elasticsearchの全てのノードに最新版のMarvelプラグインをインストールする必要があります。 また、他のJavaプラグインと同様に、Marvelの新バージョンを有効にするために、各ノードを(1台ずつ)リスタートする必要があるでしょう。 アップグレードプロセスについての詳細は、Marvelドキュメントをごらんください。

まとめとして、ここに本リリースに関する改善点をいかにリストアップしておきます。

agent

  • 追加:
    • httpsのサポート
    • デフォルトのMarvelの設定(以前は常に9200)ではなく、ローカルノードのポートを自動的に検出
  • 改善:
    • marvelインデックステンプレートに関するエラーチェックと耐障害性(それに対するチェックと追加時のチェック)
    • エラーログに関するくり返しの抑制
    • URLパラメータによるインデックス名を指定する_bulk exportコマンド。これは、rest.action.multi.allow_explicit_indexがfalseに設定されているときに有用
  • 修正:
    • ES 1.4.0のtribe nodeがMarvelのインストール時に初期化されない問題
  • 削除:
    • UIで表示されないoptional shard level statsを除去

monitoring ui

  • 追加:
    • ES 1.4.0で導入された新しいcircuit breakerを追加
    • circuit breakerのlimitをグラフにプロット
    • QueryCacheのグラフを追加
    • index throttlingのグラフの追加
    • Index writerとバージョンのmapのメモリ使用量のグラフの追加
  • 修正:
    • Network Transport Bytes Receivedグラフに実際の送信量を表示
    • Node Statsダッシュボードでいくつかのスレッドプールの不足

sense

  • 追加:
    • mappingsをインデックスでオートコンプリートするしないの設定を可能に
    • Cluster Reroute API
    • Search APIのQuery Cacheパラメータ
    • Analyze API
    • Validate Query API
    • Put Percolator API
    • cluster.routing.allocation.*設定
    • Function Scoreクエリのweightパラメータ
    • Flush API
    • Terms Aggregationのshow_term_doc_count_errorパラメータ
    • Update API
    • _geo_distanceソートオプション
    • Significant Terms aggregationを1.4.0にアップデート
    • Mapping APIにメタデータフィールドを追加
    • Get Index API
    • Scripted Metric Aggregation
    • simple_query_stringクエリ
    • More Like Thisクエリを1.4.0にアップデート
    • has_childクエリ/フィルタのmin_childrenとmax_childrenオプション
    • terms aggs/significant terms aggsのヒントオプション
    • Mappings APIのtransform
    • インデックスされたscriptとtemplate
    • Geo Bounds aggregation
    • Top Hits aggregation
    • Terms aggregationのcollect_modeオプション
    • Percentiles Rank aggregation
    • Disk Threshold Allocator設定
  • 修正:
    • URLオートコンプリートの挙動(プロトコルとホストのような組み合わせ)
    • nested typeマッピングのinclude_in_parentとinclude_in_rootの不足
    • Rangeフィルタでのgt、gte、lt、lte
    • Existsフィルタのオートコンプリート
    • Snapshot、Restore APIのリポジトリ設定の時オートコンプリートの失敗

    いつものように、Elasticsearch Marvelを改善するために、フィードバックをお待ちしています。 ElasticsearchユーザMLTwitterに質問や意見お送りください。

Comments