@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

第9回Elasticsearch勉強会を開催しました。#elasticsearchjp

第9回Elsticsearch勉強会を開催しました。 スタッフの皆さん、スピーカーの皆さん、開場提供していただいたリクルートテクノロジーズさん、ありがとうございました! 次回もよろしくお願いします!参加していただき盛り上げていただいた参加者の皆さんもありがとうございました。

今回はトレーニングで来日していたIgorとNathanによる特別公演でした。 昨年同様、サムライズム@yusukeさんに テキスト翻訳していただき、大変助かりました。ほんとうにすごかった。。。

チェックイン数など

  • 今回はチェックインした人:119名
  • キャンセルしなかった人:45名

でした。今回はキャンセル待ちのまま当日を迎えた人もいなかったので良かったかなと。 今回から懇親会ページを別にしてみました。本編の勉強会に参加登録していた方には何度かメールを出していたので、 見つけていなかった人は以内とは思うのですが、勉強会のページと間違える人がいたらしいという話を聞きました。 Doorkeeperで1イベントで複数のチケットにそれぞれの参加者数を設定できるようになると嬉しいかもなぁ。

さて、いつもの通り簡単なメモです。 本当に簡単にですが。

Resiliency in Elasticsearch and Lucene / Igor Motov

スライド:https://speakerdeck.com/elastic/resiliency-in-elasticsearch-and-lucene

※上記スライドは少し古いバージョンです。公開されたら差し替える予定です。

サンフランシスコで行われたElastic{ON}(弊社初のカンファレンス)で行われたセッションの 改良版といったところでしょうか。 話の中で登場した機能などのリンクをざっとアップしておきます。

Kibana4: What’s New ? / Nathan Zamecnik

スライド:未定

Kibana4の紹介をデモを交えてという感じでした。 こちらは、スライドよりもデモを見てもらうのが一番いいのですが。。。

いくつかQAがあったので補足を。ちなみに、Issueのラベルに実装される予定のバージョンが付与されてたりします。

その他、感想などのブログ

まとめ

今回は特別バージョンでした。かなり詳しい話だったので面白かったと思います。 Kibanaはデモを見ていただけましたし。また、海外から人を呼べるといいなぁ。

次回は6月ごろをめどに計画しようかと。 スピーカーは随時募集中ですので、コメント、メール、ツイートなど、コンタクトしていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

Comments