@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

Kibana 4(日本語訳)

※この記事は次のブログを翻訳したものになります。

原文:kibana 4. literally.

Kibana 4は現在、文字通り、抽象的に、概念的に、精神的に、そしてとても楽しく、プロダクションレディになりました。 1週間前に準備はできていましたが、満足できるものであるという確信を得たいと思っていました。 そして、Kibana 4.0.0 GAをリリースしました。 次のものはサンプルのスクリーンショットと前日譚です。 これらに興奮してしまった方のために、2ステップのプランを用意しました。

  1. ダウンロードする:Kibana 4 downloadsページからダウンロードします。
  2. 理解する:Kibana 4 docsページを読んで理解します。

Tip : もし、まだ、あなたのクラスタがElasticsearch 1.4.4でない場合は、アップグレードする必要があります。
Tip2 : Kibana 4 RC1からアップグレードする場合は、configを移行する必要があります。こちらのgistを参照

Elasticsearch 1.4.4および1.3.9リリース(日本語訳)

※この記事は次のブログを翻訳したものになります。

原文:elasticsearch 1.4.4 and 1.3.9 released

本日(2/20)、Elasticsearch 1.4.4Elasticsearch 1.3.9をリリースしました。 これはバグフィックスリリースとなります。 主に、Lucene expression scriptsを使う場合のRPMとDEBパッケージの パッケージング問題のフィックスをしたものです。 1.4.4のダウンロードこちらのリンクからアクセスできます。

Groovyスクリプトをダイナミックスクリプトなしで実行(日本語訳)

※この記事は次のブログを翻訳したものになります。

原文:running groovy scripts without dynamic scripting

Elasticsearch1.3.8と1.4.3のリリースにより、デフォルトで、リクエストに含まれるGroovyスクリプトや インデックスに保存されたスクリプトを動的に実行する機能をオフにしました。 しかし、Groovyはまだデフォルトのスクリプト言語です。 本ブログ記事では、少しだけダイナミックだが、サンドボックスではない言語のためのスクリプトを どのように使い続けるかを説明します。

本ブログ記事は、それが何を意味し、さらに重要なのは、安全に重要なタスクを実行させるためにスクリプトを どのように使用し続けるかを理解する助けとなるはずです。

Elasticsearch 1.4.3および1.3.8リリース(日本語訳)

※この記事は次のブログを翻訳したものになります。

原文:elasticsearch 1.4.3 and 1.3.8 released

本日、Lucene 4.10.3をベースにしたElasticsearch 1.4.3と、セキュリティとバグフィックスリリースである、Elasticsearch 1.3.8をリリースしました。 ダウンロードおよび変更リストはそれぞれ次のリンクからアクセスできます。

過去のリリースに関するブログ(公式)はこちら。

すべての変更については1.4.3のリリースノートおよび1.3.8のリリースノートをごらんください。 以下では、セキュリティの問題について紹介します。

Marvel 1.3.0リリース(日本語訳)

※この記事は次のブログを翻訳したものになります。

原文:marvel 1.3.0 released

12/17に、Elasticsearch Marvel 1.3.0をリリースしました。 Marvelの以前のリリースから、Elasticsearchでは様々なことがありました(Elasticsearch 1.4のリリースなど)。 このバージョンでは、モニタリングにクエリキャッシュや新しいcircuit breakerなどのような機能を追加してあります。 Senseのナレッジベースは最新のAPIを含むものに拡張されています。 また、Shieldのリリースに向けた準備として、HTTPsのサポートも追加しました。

アップグレードのために、Elasticsearchの全てのノードに最新版のMarvelプラグインをインストールする必要があります。 また、他のJavaプラグインと同様に、Marvelの新バージョンを有効にするために、各ノードを(1台ずつ)リスタートする必要があるでしょう。 アップグレードプロセスについての詳細は、Marvelドキュメントをごらんください。