@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

第7回Elasticsearch勉強会を開催しました。#elasticsearchjp

第7回Elsticsearch勉強会を開催しました。 スタッフの皆さん、スピーカーの皆さん、開場提供していただいたリクルートテクノロジーズさん、ありがとうございました! 次回もよろしくお願いします!参加していただき盛り上げていただいた参加者の皆さんもありがとうございました。

昨日も紹介しましたが、Elasticsearch Advent Calendar 2014を用意してみました。まだ、空きがありますので、登録お待ちしております!

今回は出足が好調で、早々に180人の枠を超えるという嬉しい事態でした。 最終的な参加人数は130名程度で、懇親会参加者が50名弱といったところです。

「Kibana4」

Elasticsearch Inc. Jun Ohtani @johtani

スライド:Kibana4

ということで、Kibana4の紹介と、Kibana4のBeta2を利用したデモを行いました。 デモの開始のところで少し環境がうまく動いてなくて手間取ってしまいましたが。。。

発表で1点だけ修正があります。JRubyを選択しているのがElasticsearchのライブラリを使用するためという説明をしましたが、 こちらは、Logstashに関する話でした。Kibana4は現時点では、ElasticsearchへのProxyとしての動作が主なものとなります。Rubyでも動作可能です。 bin/kibanaについてはJavaを使った起動になります。 参考:https://github.com/elasticsearch/kibana/tree/master/src/server

発表でも主張しましたが、ダウンロードして、Elasticsearchを用意すれば簡単に動作させることが可能です。 ぜひ、ローカルで試して見てもらえればと思います。 今回のデモのデータを入れるのに利用したLogstashの設定などについては、ブログで記事を書こうと思います。

niconicoの検索を支えるElasticsearch

株式会社ドワンゴ 伊藤 祥 さん

スライド:niconicoの検索を支えるElasticsearch

  • リアルタイム検索の実現、新しい検索への対応
  • 検索のアーキテクチャとか。
  • Capistranoでデプロイとかを管理
  • 1.4.1が出たら、クラスタを更新予定

ということで、実際に導入した話から、現在の運用の仕方、クラスタのアップグレードなど多岐にわたる内容でおもしろかったです。 遭遇した問題点とかもあったので。 Marvel便利なのでぜひ導入を検討してもらえればw

Elasticsearch at CrowdWorks


株式会社クラウドワークス 九岡 佑介 さん @mumoshu

スライド:Elasticsearch at CrowdWorks

  • 会社の紹介
  • 仕事が検索対象
  • 検索時間が1桁減少!
  • Graceful Degradationで失敗したら、InnoDB FTSで代替:Gracefully
  • found.noのサービスを利用
  • elasticsearch-modelの拡張を作成してOSSとして公開:elasticsearch-model-extensions

Gracefullyで切り替えとかは面白いなと思いました。 検索での利用の話でしたが、他のシーンでも使えそうですよね。 日本にFoundユーザがいるのも初めて知りました。 彼らの開発者ブログも質の良い情報が載っているので、参考になりますよね。

次は、どんなMappingで運用しているのかとか、どういった工夫をしているかといった点を詳しく聞きたいなと思いました。 またお待ちしております。

1分で作るElasticsearchプラグイン

株式会社エヌツーエスエム 菅谷 信介 さん

スライド:Elasticsearchプラグインの作り方

  • プラグインの作り方とか。
  • 十数個のプラグインの紹介。プラグインはこちらで公開中。https://github.com/codelibs/
  • 実際に、業務で必要なものから作成
  • まだまだ作りたいものがある

コミュニティ還元できるものはPR送ってもらえるとうれしいです。 前よりは体制も増えてるので、PRも目にとまるようになってるはずです。

あとは、使ってみたいと思う方も多数いると思うので、ぜひ、OSSなので、貢献しましょう! フィードバックがあるだけで、OSS活動やってるものにとってはやる気につながると思いますし。

LT:GISとして活用するElasticsearch


船戸 隆さん

スライド:GISとして活用するElasticsearch


  • java-jaからIngressの青(Registance)の勧誘に来られた方w
  • APIをハックして、情報を取得し、Kibanaで可視化
  • 残念ながら、APIが変更されて見れなくなったらしい。

Ingress実際にやったことはないのですが、おもしろそうでした。 発表される方の会社の採用紹介ではなく、Ingressの勧誘をされるとは想定外でしたw

興味のあるデータをKibanaで可視化するのも面白い例だと思うので、活用してもらえればと思います。

その他、感想などのブログ

適当に見つけたブログを列挙してあります。これもあるよ!などあれば、教えてください。

まとめ

JJUGの時とは違い、Elasticsearch勉強会ではさすがに、企業としてのElasticsearchの知名度が高かったのはありがたいことでした。 自分の発表のために始めた勉強会でもありますが、まだまだ、発表するときは緊張しますし、分かりにくいんじゃないかなぁと思うことも多々あります。 この辺がわかりにくかった、この辺をもっと知りたいなど、フィードバックをお待ちしております。

冒頭にも書きましたが、Elasticsearch Advent Calendar 2014の登録をお待ちしております。どんなことでも歓迎なので、Elasticsearch、Kibana、Logstashなどについて書いてもらえるとうれしいです。

次回ももちろん2ヶ月後くらいに行います。 スピーカー募集中ですので、コメント、メール、ツイートなど、コンタクトしていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

Comments