@johtaniの日記 2nd

@johtani ‘s blog 2nd edition

第4回Elasticsearch勉強会を開催しました。#elasticsearchjp

第4回Elsticsearch勉強会を開催しました。 今回から、遅刻厳禁にしてみました。 それほど困った人もいないと思うので、次回からも遅刻厳禁で。

ということで、今回も多数の方にお集まりいただきありがとうございました。

スタッフの皆さん、スピーカーの皆さん、プレゼント用に書籍を用意してくれたKADOKAWAさん、開場提供していただいたリクルートテクノロジーズさん、ありがとうございました! 次回もよろしくお願いします! 参加していただき盛り上げていただいた参加者の皆さんもありがとうございました。

さて、ブログですが司会業とかやってたので、あんまり書けてないけど。。。

134番までチケットがはけていたので+スタッフで140〜150名くらいの参加者だったのではないかと思います。 懇親会まで残っていただいた方々も片付けなどありがとうございました。

さて、感想とか補足です。

「アナライズ処理の仕組みとクエリDSL」株式会社シーマーク 大谷 純 @johtani

スライド:アナライズ処理の仕組みとクエリDSL※スライドはPDFです。

プラグイン:elasticsearch-extended-analyze
プラグインの紹介記事:http://blog.johtani.info/blog/2013/10/25/developing-es-extended-analyze-plugin/

Marvel:http://www.elasticsearch.com/marvel/

日本語版メーリングリスト:https://groups.google.com/forum/#!forum/elasticsearch-jp

なんか、宣伝(本+プラグイン)ばっかりですみません。 「プラグインの紹介記事」に簡単な使い方が書いてあります。が、情報が古いので、Elasticsearchのバージョンに合わせたバージョンを使ってください。

まだまだ発表に慣れてないので、頑張ろ。

アンケート取ってみましたが、ログ検索と全文検索と半々くらいで興味がある人がいるみたいでした。 あと、有料トレーニングは人気ないっすね。。。

「elasticsearch-hadoopを使ってごにょごにょしてみる」 株式会社マーズフラッグ R&D部 やまかつ さん @yamakatu

スライド:elasticsearch-hadoopを使ってごにょごにょしてみる

elasticsearch-hadoop:https://github.com/elasticsearch/elasticsearch-hadoop

QAとして、Elasticsearchにプライマリデータを保存するのは的な話が出てました。 ESにのみデータを入れるのは個人的には考えたことないかなぁ。 どうしても、ElasticsearchのWriteが遅いんじゃないかという懸念事項を持ってる人がいるなぁと。(実際ツラいという話もちらほら)

お腹痛い中の発表ありがとうございました。。。 次回はMapRの方に紹介してもらえそう(交渉中)なので楽しみです。やまかつさんの続きも聞きたいなぁ。

「CouchbaseとElasticsearchが手を結んだら」株式会社アットウェア 佐竹雅央さん @madgaoh 河村康爾さん @ijokarumawak

スライド:CouchbaseとElasticsearchが手を結んだら

CouchbaseのElasticsearchに関するページ:http://docs.couchbase.com/couchbase-elastic-search/

Couchbaseに入れたら、自動的にElasticsearchにもデータを入れてくれる。 デモがあるの、いいっすね。

最新版はmasterを落としてきてビルドしないとダメらしい。確かに、上のページには0.90.5って書かれてる。 ここでも、やはり、Elasticsearchが詰まった時にどうするの?みたいな話が出てました。 CouchbaseのXDCRだと、後ろが詰まってる時によしなに?データを流すのを制御してくれるってのがあるみたいですが、 Elasticsearchだと悲鳴を上げているのがわかりにくいと。

あと、Elasticsearchがインデキシングでキューを取りこぼしているのがログからわかりにくいってのも出てました。 (なにか、分かる方法があるかとかも調べてみようかなぁ。)

自分の宿題:Transportプラグインって何かについて調べてブログに書くこと。

「Elasticsearch at Wantedly」(タイトルあってるか不安) Wantedly, Inc 内田誠悟さん @spesnova

スライド:Elasticsearch at Wantedly

参考文献:Elasticsearchチュートリアル

参考文献:Elasticsearch Workshop

参考文献:elasticsearch-rails

Wantedlyでどうやって使ってるのか。 あと、オートコンプリートでも使ってます。(この話は次回聞けるといいなぁw)

データ数は少ないので、参考にまだならないかも。

公式のサイト見難いですよねと。 ペンギン先生のブログが素晴らしかった! マッピングすごいw

最後は、苦労して作ってもらったautocompleteの資料は放ったらかしにして、質疑応答してもらいました。 辞書とか、検索漏れとかの話は今後の課題っぽかったですね。

「Elasticsearchのみに決めてました!」ってセリフがカッコ良かったw

アクセスコントロール周りのノウハウもブログで共有してくれそうなので楽しみにしています!

あと、「tireがretire」の話が出てましたが(この発表だっけ?)参考文献にあげてある、elasticsearch-railsが今は本流なんじゃないかなぁ?

LT

「ElasticsearchのScripting」株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 滝田聖己さん @pisatoshi

スライド:ElasticsearchのScripting

参考文献:elasticsearch-native-script-example

色々とScriptがあるという話を説明してもらい感謝です。 もちろん、ElasticSearchServerにも書いてあるので、そちらも参考にしてください!

「Elasticsearch 向け多言語解析プラグイン」ベイシス・テクノロジー株式会社 江口天さん

スライド:Elasticsearch 向け多言語解析プラグイン

参考文献:Elasticsearchで使えるRosette基本言語解析モジュール

参考文献:Elasticsearch-inquisitorプラグインの紹介

ベイシステクノロジさんが提供しているRosetteをElasticsearchで活用できるモジュールみたいです。 いまなら、無料で体験できるみたいなので、どんなものか触ってみると面白いかもしれません。

あと、デモで使用されていたプラグインについて、私が昔に書いた記事があるので、興味のある方は参考にしていただければと。 このプラグインはクエリがどのように内部でLuceneのクエリになっているか、どのフィールドでどうトークンが生成されるか? といったものが見ることができるプラグインになっています。

関連ブログ

適当に見つけたブログを列挙してあります。これもあるよ!などあれば、教えてください。

まとめ

しつこいくらい宣伝してしまいましたが、「ElasticSearch Server日本語版」よろしくお願いします!

今回も楽しい話が聞けました。メモがちょっと少ないんですが。。。

次回は6末を目処に、MapRの方などと調整して開催しようと思います。 聞きたい話とか、発表したい方とかあれば、連絡くださいー!

Comments