Bookscanを使ってみました(Jugemより移植)

Posted by johtani on Wednesday, November 2, 2011

目次

Bookscanというサービスがあります。 書籍を電子化(PDF)して原本を破棄してくれるサービスです。

電子書籍にはずっと興味を持っていました。 技術書を購入するのですが、技術書は300ページ超の大きな書籍が大半です。 また、日本語の技術書については、なかなか電子書籍が見つからないもしくは、電子化されるのが遅いとうのが現状です。 海外では、Manningなど、電子書籍も同時に発売(もしくは、製本前から電子書籍が売られている)サイトがありますが、やはり英語の書籍はハードルが高いなぁと。

そんな中、Bookscanの噂を耳にしました。 ということで、どんどん、積ん読になっていく技術書だったので、思い切って、電子化してみることにしました。 ※残念ながらまだタブレット(電子書籍端末)は持っていないのですが。。。もうすぐ発売されるlenovoの7inchタブレットを待ちかねているところです。

Bookscanでは、1冊100円で書籍をPDFにしてくれます。(ページ数により変わってくる) この場合、あくまでも書籍をスキャンするだけで、検索などはできません。 OCR処理については別途1冊100円(これもページ数による)のオプションが必要になります。 詳しいサービス内容はこちらを御覧ください。 基本的には書籍をBookscanに発送してから約3ヶ月ほど電子化するのに時間がかかります。 これでは、すぐに見たい場合に手元にないという状態になってしまいます。 この電子化までの時間を短くできる、「プレミアム会員」というオプションが存在します。 月額固定の費用(9980円)を支払うことで、50冊(※ページ数により1冊の単位が異なります)まで無料で、「スキャン+OCR+書籍名をファイル名」のPDFファイルを書籍到着後1週間以内で作成してもらうことができます。 また、プレミアム会員は月単位での契約が可能なようで、1ヶ月(=50冊)だけ早く電子化してもらうといった利用方法もできるようです。

で、実際にプレミアム会員となって49冊の書籍を送付して電子化してもらいました。 先週金曜日に発送、Bookscanに書籍が到着したのが翌土曜日、電子化が完了したのが火曜日の夜という感じでした。 すごくはやい!かなり感動してます。自炊自体をしたことがないので、出来上がりが自炊と比べてという比較はできないのですが、ざっと見ている感じでは全然問題なく読めそうです。

ただ、1冊の2ページだけ、ページの端が文章の途中で切れているPDFがありました。 この書籍に関しては、サポートサービスにお願いして、再スキャンをしてもらいました。 昨日夜に頼んで今日の午後には問題なく電子化されているというサービスの質でとても満足しています。 なお、原本の破棄が電子化後から10日後に行われるため、問題ないかの確認はそれまでに行う必要があるようです。 大量の本を送る場合は小分けに送ったほうが確認するのが楽になると思います。(送料は小分けにした分、かかってしまいますが。)

書籍の山になっていた机がすっきりして、とても満足しています。 せっかく電子化したので、早くタブレットが欲しいなと思う今日この頃。。。 基本的には今後は電子書籍を購入するようにしていく予定なので、プレミアム会員を継続することはないと思いますが、 家に溜まっている漫画を電子化するのもありかなぁと思っているところです 漫画の場合はOCRに掛ける必要もないですし。

個人的にはBookscanさんには悪いのですが、もっと電子書籍が増えると助かります。 技術書はページ数が多く、重たいうえ、実際に利用するときは検索したくなることが多々ありますので。 あとは、電子書籍を検索できるサイトがあるといいなと思ってもいるところです。 現在は、各出版社が個別に電子書籍のHPを持っている状況で、会社によっては検索すらできないです。 電子書籍があるかないかだけでも簡単に検索できると、いいなと思っています。(小説などはまた別なのかもしれないですが。) みんなはどう思ってるんですかねぇ?検索したくないですか?


comments powered by Disqus